歴史講演会 明治18年の淀川洪水と北河内 <終了しました>

歴史講演会 明治18年の淀川洪水と北河内

北河内に大きな被害をもたらした明治18年の淀川洪水(伊加賀切れ)について、
地域にのこる当時の資料を活用しながら、特に地理的条件に着目して洪水の被害状況とその後の災害への対応のあり方をみる。

講師:谷端 郷 氏
    立命館大学衣笠総合研究機構
    歴史都市防災研究所
    専門研究員

申し込み方法:往復ハガキにて住所・名前・電話番号を記入の上、
                   郵送でお申し込みください。
  郵送先 :宿場町枚方を考える会
       事務局 上野 幸夫
       〒573-0065 枚方市出口2-6-6
       (携帯電話:090-9618-0749)

定員:130名(定員となり次第締め切らせて頂きます)

参加費:500円(会員及び会員同居家族は無料・当日受付にて頂きます) 




【日 時】
2018年7月22日(日)14:00〜15:30(受付13:30)
【会場・場所】
枚方市民会館1階 第1・第2集会室 

京阪枚方市駅より南へ徒歩5分 公共交通機関をご利用ください。

【参加費】
500円
【問い合わせ】
特定非営利活動法人 枚方文化観光協会 (TEL.072-804-0033 FAX. 072-804-0022)水・土曜日休み