TOP鍵屋つれづれ>船宿・料亭「鍵屋」

鍵屋つれづれ

船宿・料亭「鍵屋」

2021年3月25日

船宿・料亭「鍵屋」

江戸時代の鍵屋は、淀川を行き来する
三十石船のお客や街道を歩く人々に向けて
商いをする「船宿」として、そして昭和に
なってからは「料亭」として繁盛しました。

鍵屋浦には碇はいらぬ三味や太鼓で船停める♪
           (淀川三十石船唄より)
賑やかだった鍵屋の様子が和紙の人形で
再現された「鍵屋浦の秋」は、現在開催中の
「和紙のひな人形展」で展示されています。

鍵屋つれづれについて

ここでは、鍵屋資料館のスタッフや学芸員が、鍵屋資料館にまつわる日常や思っていることを、ただ綴っていくページです。ごゆるりと♪

月別アーカイブ

最新の記事