TOP>鍵屋つれづれ

鍵屋つれづれ

御茶屋御殿展望広場

2020年4月27日

御茶屋御殿展望広場

・古墳時代前期の万年寺山古墳から青銅鏡が出土。
・万年寺は推古天皇の時代の高麗の僧・恵灌けいかんが開祖。
・秀吉に仕えた本多内膳正政康の城があったとされる。
・遠く大阪から伏見までを遠望でき、対岸には
   西国街道も眺めることができる軍事上の要所だった。

淀川を望むここからの眺めは今も素晴らしく
枚方の長い歴史のひとつを感じられます。

遠い昔の物語に思いを馳せてみませんか?

お散歩します?

2020年4月26日

お散歩します?

京街道沿い、枚方市と枚方公園の中間
木々に囲まれた万年寺山にある展望広場
ここは「御茶屋御殿跡」おちゃやごてんあと

その昔、秀吉が、枚方城主本多内善正康の娘
「乙御前」を住まわしたと云われています。

マスクして3密を避けて石段を登ること5分!
ご褒美の景色が待っていますよ
明日につづく 笑

くらわんこ@おうち時間「カマヤ」

2020年4月25日

くらわんこ@おうち時間「カマヤ」

えへへ(^^♪ ここは「カマヤ」
ごはんを焚いたりするところだよ。

普通は家の奥にあるんだけれど
旅人が横のヒロシキ(板間)に座って
休憩したり食事したりしたんだって。
だから街道を歩くお客さんからよく見える
主屋の土間に造ってあるんだワン!

ぼくの好きなくらわんか餅もあったかな?

くらわんこ@おうち時間「箪笥」

2020年4月23日

くらわんこ@おうち時間「箪笥」

主屋に入って右側の「台所」ダイドコロ
配膳をしたり、帳場にもなっている場所。

ここに「箱箪笥」はこだんすがあるんだよ。
「階段箪笥」かいだんたんすとも言うんだって。

いろんな大きさの引き出しがついていて
2階に行く階段の役目もしているんだよ。
おもしろいタンスだワン!

くらわんこ@おうち時間「小判」

2020年4月22日

くらわんこ@おうち時間「小判」

うわぁ~小判がいっぱいだワン!
これは千両箱のレプリカだよ。
みんなに見てさわってもらえるんだ!

1両って今のお金にするとどれくらいかな?
時代によって全然違うらしいけれど
10万円から15万円くらいなんだって。
千両ってことは……( ゚Д゚)!!!

見学できるようになったら見に来てね。

くらわんこ@おうち時間「客間」

2020年4月20日

くらわんこ@おうち時間「客間」

今日から鍵屋さんは完全休館になったんだワン!
ぼくもおうちにいて、旅日記の続きを案内するワン!
みんなも元気でがんばってほしいワン!

ここは6畳の部屋が3つ続いた客間
夜には旅人が泊まったりしたんだって!

ほら、奥の座敷に旅人の人形があるよ。
昔の人はこんな格好で旅をしたんだね。
三度笠がかっこいいワン!

鍵屋つれづれについて

ここでは、鍵屋資料館のスタッフや学芸員が、鍵屋資料館にまつわる日常や思っていることを、ただ綴っていくページです。ごゆるりと♪

月別アーカイブ

最新の記事