TOP>鍵屋つれづれ

鍵屋つれづれ

合同企画展始まっています!

2021年4月10日

合同企画展始まっています!

田能村直入(たのむらちょくにゅう)
幕末・明治期に活躍した文人画の大家。
「なんでも〇〇団」などでよく聞く文人画家
田能村竹田(ちくでん)の養子だったそうです。

直入は明治時代に何度も枚方宿を訪れました。
その際に揮毫した書画が複数残されています。

天門美術館さんとの初コラボ企画展
4月21日㈬と28日㈬の関連講座はただ今参加受付中!

鍵屋周辺の桜 その六

2021年4月 9日

鍵屋周辺の桜 その六

青い鉄棒・黄色のすべり台
そして赤いぶらんことジャングルジム
再登場の伊加賀公園です。

1年を通じて、幼いお子さんから小中学生
そして親ごさん達の憩いの場。
いつまでも残っていてほしい公園です。

もう今は、すっかり新緑色になりました。
また来年を楽しみに(@^^)/~~~❀❀❀

4/11五六市は中止になりました。

2021年4月 7日

4/11五六市は中止になりました。

やっと緊急事態宣言が解除されたのに、またコロナの
感染症が大きく増えてしまい、3月に再開したばかりの
「五六市」も「鍵屋太兵衛商店」も中止になってしましました。
とてもサミシイですし、とても残念です。

不安ではありますが、今は守ることを守って
できることをしていくしかないのかもしれません。

今のところ、鍵屋は通常通り開館しております。
1日でも早く状況が良くなることを心から願っています。

鍵屋周辺の桜 その五

2021年4月 4日

鍵屋周辺の桜 その五

鍵屋周辺からはちょっと離れますが…
枚方市駅近くを流れる「天野川」の桜並木です。

このあたりはかつて「交野ケ原」と呼ばれ
桜の名所として、また貴族の狩り場として
ひろく知られて知られていました。

流域には七夕伝説が残されており
平安時代のイケメン在原業平がここを
訪れた時に詠んだ歌の歌碑もあります。
amanogawa.JPG    (枚方市ホームページより一部抜粋)

狩暮らし 棚機織津女に 宿借らむ
天の河原に 我は来にけり
  一日中狩りをして日暮れになったので
  (今夜は)織姫に宿を借りることとしましょう。
  天の川の河原に私はきたのだなぁ


今年の桜はそろそろ終わりですが
つれづれではもうしばらくお届けします✿

春の舟運・屋形船風遊覧船

2021年4月 3日

春の舟運・屋形船風遊覧船

昨年から中止になっていた淀川の船旅
「蘇れ‼淀川の舟運」が昨日から就航!

お天気にも恵まれ、桜も見ることができ
鍵屋も乗船のお客様で賑わいました。

河川敷には菜の花やたんぽぽがいっぱい!
コロナは心配ですが、ひとときの船旅を
船楽しんでいただけたのではないでしょうか?

鍵屋周辺の桜 その四

2021年4月 2日

鍵屋周辺の桜 その四

京阪・枚方公園駅から徒歩1分!
電車の窓からもよく見えるのは
鍵屋スタッフおすすめの1本桜!

1592年(文禄元年)創建「台鏡寺」
に咲く街道沿いで一番大きい桜です❀

境内の「夜歩き地蔵」は、枚方宿の
人々の参詣でにぎわったそうですよ˖✧


鍵屋つれづれについて

ここでは、鍵屋資料館のスタッフや学芸員が、鍵屋資料館にまつわる日常や思っていることを、ただ綴っていくページです。ごゆるりと♪

月別アーカイブ

最新の記事