博物館実習生によるミニ展示『枚方の柱本対立〜裁判のゆくえ』

博物館実習生によるミニ展示『枚方の柱本対立〜裁判のゆくえ』

高槻の柱本とわれらが枚方。

今の世にもしばしば対立は起こりますが
昔の人々の間でも諍いはありました。

今年度の博物館実習の学生達に
よるミニ展示で取り上げた

『枚方伏見船附茶過書付柱本茶船出入済口扣書之覚』
(ひらかたちゃぶね かしょつきはしらもとちゃぶね)
(でいりのすみくちひかえがきのおぼえ)


は、江戸時代に柱本と枚方の間で起こった訴えの結果が
記録されたものです。ぜひご覧ください。


【日 時】
2020年8月26日(水)〜10月5日(月)  9:30〜17:00(入館受付は16:30まで)
【会場・場所】
市立枚方宿鍵屋資料館 別棟 展示室 ミニケース

〒573-0057 枚方市堤町10-27
(京阪枚方公園駅西へ徒歩5分)

※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

【入館料】
大人 200円  高大生(学生証提示) 100円  中学生以下 無料
【問い合わせ】
市立枚方宿鍵屋資料館 (TEL.072-843-5128)