TOP観光名所>樟葉宮跡の杜(もり)

観光名所

樟葉宮跡の杜(もり)

樟葉宮跡の杜(もり)

『日本書紀』によると、越前(福井県)の三国から迎えられた、後の継体天皇は西暦507年に樟葉で即位し、5年にわたり宮を営んだとされています。
石灯籠が並ぶ参道を進み、左に曲がって木造の鳥居をくぐると、拝殿の向こうに室町時代の一間社流造で桧皮葺の交野天神社本殿と末社八幡神社本殿が見えます。拝殿の右に杜の中を奥へ進む道があり、これが貴船神社への参道です。つきあたりの右手に自然石の階段があり、貴船神社が鎮座する小丘へと続きます。このあたりは継体天皇が即位した樟葉宮跡の伝承地として大阪府の史跡に指定され、小丘の麓には顕彰碑が立っています。太古からの原生林の姿を残し、かすかな木漏れ陽は、訪ねる人を遠く古代に誘います。
(2011年発行 ひらかた歩っぽ・枚方八景ガイドブック より一部抜粋)


アクセス・周辺地図

●京阪電鉄『樟葉』駅下車〜京阪宇治交通バス(5・11・11C・13・13B系統に乗車⇒約10~15分)⇒『長沢』バス停で下車⇒北西方向へ徒歩約3分
※交野天神社内


特定非営利活動法人 枚方文化観光協会 〒573-0032 大阪府枚方市岡東町19-1 枚方市駅市民サービスセンター内 TEL:072-804-0033 FAX:072-804-0022 お問い合わせ受付時間 午前9:00〜午後5:30(休業日:水曜日・土曜日)
ページの先頭へ