TOP観光名所>国見山の展望

観光名所

国見山の展望

国見山の展望

国見山は標高およそ300メートル。山の南東は、生駒に続く山並みで、その東に広がる南山城平野を貫いて、木津川が北流するのが見られます。山並の向こうには笠置の山に続く鷲峰山(じゆぶせん)が見られます。
木津川・宇治川・桂川の合流地点をへだてて、京都の市街が広がり、その向こうに比良・比叡のひときわ高い山容を望むことができます。
また、石清水鳩ヶ峰と天王山の狭間から淀川が南流して、摂津と河内を二分しています。見晴らしのよい日には下流の方向に、六甲山や白く光る大阪湾が見えます。大阪平野を渡って来る涼風は、汗ばんだ肌に快く感じます。
穂谷方面への路は、市立野外活動センターがあり、途中から白旗池や交野山、くろんど池方面へのハイキングコースとなっています。津田方面からは、よく整備された登山道があり、途中、山桜を見上げる絶好の位置にウッドデッキが設置され、森林浴を楽しめます。
(2011年発行 ひらかた歩っぽ・枚方八景ガイドブック より一部抜粋)


アクセス・周辺地図

●JR学研都市線『津田』駅下車⇒山頂まで徒歩1時間


特定非営利活動法人 枚方文化観光協会 〒573-0032 大阪府枚方市岡東町19-1 枚方市駅市民サービスセンター内 TEL:072-804-0033 FAX:072-804-0022 お問い合わせ受付時間 午前9:00〜午後5:30(休業日:水曜日・土曜日)
ページの先頭へ